モトランド三澤社長の身の回りに起こった面白い出来事やその他イロイロつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CBR250RR

自分のスキルアップのために「CBR250RR(92年式)」を手に入れました。


最近オフロードばっかりに出掛けていて全然オンロードバイクに乗っていなかったため、たまに行くサーキットでの走りが全然イケてません!

フルバンクには程遠いところでフルバンク怖い怖い病がでちゃっています。
(※フルバンクの定義としてこれ以上倒しこむとすべったり転んだりしちゃうよ!というところの手前とします)

また、フルバンクって転倒と紙一重のところにあるわけなので、自分の大事にしている綺麗なオートバイでは思いっきり「びびりミッター」が効いてしまうので、ちょっと汚い目のCBR250RRを手に入れました。

結構ぼっこな車両だったのですが、一通り手を入れて整備をして前後タイヤには「BT-090(BS)」を入れちゃいました。
そのCBR250RRで最近発見した路面のすごく良い16個のタイトコーナーが連続する場所へ試乗に行ったのですが、改めてこのCBR250RRの素晴らしさに感激しました。

一万回転(!!)からのすさまじいパワー(250CCにしては)!!
レッドゾーンは何と一万九千回転からです。

また、車体とサスペンション、ブレーキも250CCクラスとしては申し分ありません。
レッドソーンが一万九千回転からのくせに、安定しているアイドリング付近からすぐに走行に必要なトルクが発生しています。
「これが、15年前に最終生産となった車両?」
っていう感じです。

今年になって販売された「CBR250R」”R”が一個違うだけで「●ラベル」と「○の香り」ぐらい違う・・・
いや、「●ラベル」と「ノンアルコールビール」ぐらいの違いです。

今、いろいろな産業が海外生産となっていますが、この精密機械の時計のようなCBR250RRはおそらく海外生産は絶対無理なんじゃないかと思います。
今更ながらなぜリアルタイムにCBR250RRにはまらなかったのか?って思います。
(あの頃の自分15年前は何をしていたのかな?…33歳の頃と言えば、ちょうどZZR-1100(D-1新車を乗り始めたばかりで何か今更250CCなんて!と非常に小生意気だったころかな?しかし、今自分が生きてきた中でこのオートバイに乗れたことに対して感謝です。よかった!)

できましたら、今のCBR250Rを買った若者にこれが本物のCBR250Rなんだぜ!と乗らせてみてみたいですね。
「これは名前だけの**モノなんだぜ・・グヒヒ。って。」

でも、新型車のCBR250Rを新車で買って下さいね!姿はかっこいいし、価格も非常にリーズナブルですから。

でも、ネーミングはCB250Rぐらいにしておいた方がよかったんじゃないかな…。
兄弟車になる(はずの)CBR600RR、1000RR とはえらい違いです。
ごめんなさいちょっと酔っ払っているので毒が出てしまったかもしれません。

ちなみにCBR250Rに対しては手厳しいわたくすぃですが、試乗にいったコースで無理無理バンクでやっとステップが左右各1回着いただけの甘々な走りでした。次回のT.O.Tまでにはしっかり練習です。

来週の13日の定休日は、spa西浦にて練習です。
もちろん、XJ750Eは持っていきますが、このCBR250RRも持ち込んでたっぷり走ってきます。
スポンサーサイト
プロフィール

みさわえいじ

Author:みさわえいじ
静岡県富士市のバイク屋社長です。

40を過ぎてからはじめたバイクレース。
選んだ車種は、大好きな”XJ750E”

シャフトドライブで行けるところまで行ってやる!
テイストオブツクバ のD.O.B.A.R1クラスに参戦中です!

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。